店舗設計 メーカーのディーラーヘルプとして小売店を回る中で婚礼家具、ダイニングテーブル、ベッドなど単品の家具を売るためのプロモーションを確信する。集客のためのファサードデザインを研究し結果を出す。店頭でのクロージングの動機付けになる商品展示の仕方を確信する。大きくこの3つの要素をうまく融合させ店づくりをしています。販売員にこれらの意味合いを理解してもらい販売の人間力を付加することで売り上げを作っている。 トレンド、ビジュアル、音楽、映像など感覚的な要素を合わせる事によって時代にあった滞留時間の長い売れる店舗作りを進めている。 私も今年で66歳。感覚的な部分では劣化しております。(笑)そこで元インザルームのバイヤーを経験した岡野 雅幸氏。全国の有名インテリアショップを企画設計しているPASSART DESIGN  http://www.passart.jp     代表飯田健裕氏とコンソーシアムを組んでこれからの店づくりを考えてゆこうとしております。

__ 1

GOMANGOKU /岡崎店

VI ファサードは集客のためと位置づけ、イメージ重視しながらも遠目に見てもショップの発信したいことが伝わる看板の提案や通路計画の手順に貼り付ける用途別のゾーニングによって単価アップを図っております。ゾーニングを関連付けてゆくサイン関係によって単価アップを考えております。戦略的VIを提案します。

株式会社服部家具センター 蟹江店

株式会社服部家具センター 蟹江店

社員教育 店舗作りは顧客心理に沿った買いやすい店舗作りを考えています。その店づくりを把握した上で接客することでクロージングしやすい顧客対応を習得していただきます。現場での実践を基本にして売り場改善を社員全員で作り替えてゆきます。 場所も変わらず、陳列された商品も変わらない中でレイアウト替えによる改善は、いつも店におられる社員にとって大きく売り場を変えて気持ちを一新する実践セミナーです。

協同組合瀬戸内ファニチャー  家具のオカノ

協同組合瀬戸内ファニチャー  家具のオカノ

facebook